このサイトのテーマ「SWELL」を見てみる>>

【厳選6つ】SWELLにおすすめなプラグインを紹介【最適な数まで】

悩む人

SWELLを導入したのですが、追加すべきプラグインはどれでしょう?また、それによってサイトスピードは下がりますか?

こんな悩みを解決していきます。

本記事の内容

  • SWELL公式サイト推奨のプラグイン6つ
  • SWELLと相性の悪いプラグイン
  • ブログに最適なプラグイン数
  • サイトスピード高速化の設定

この記事の信頼性

この記事を書いている筆者は、ブログ歴1年以上でこのサイトを開設して1ヶ月で収益4桁を達成しています。Twitterのフォロワーも現在600人以上で、かなりの好調子でブログ運営を楽しんでいる副業ブロガーです。

読者さんへの前置きメッセージ

本記事では、SWELLにおすすめなプラグインを紹介します。

公式サイトでもいくつか紹介してますが、全て導入してしまうとサイトスピードに影響が出てしまう為、注意が必要です

この記事を読むことで、あなたのブログに必要なプラグインを知ることができるうえにSWELLの高速化設定の手順を知ることが出来ます。

ぜひ参考にして、使い心地の良いサイト運営にしてくださいね。

それでは本文へ行きましょう。

目次

【厳選】SWELLにおすすめプラグイン6つ

【厳選】SWELLにおすすめプラグイン6つ
【厳選】SWELLにおすすめプラグイン6つ

SWELLにおすすめのプラグインは以下になります。

それぞれ見ていきましょう。

その①:SEO SIMPLE PACK

SEO SIMPLE PACK
SEO SIMPLE PACK

こちらは、SWELLを開発した「了」さんが手がけています。

必要最低限な機能だけが搭載されているシンプルなSEOプラグイン。

  • メタキーワードの設定
  • メタディスクリプションの設定

などの設定ができます。

ちなみに、設定画面は全て日本語対応していますよ。

SEOプラグインというと、「All in One SEO Pack」や「Yoast SEO」などがありますが、それらは入れなくてOKです。

りょう

SWELLと同じ開発者なので、相性は完璧だよ!

XMLサイトマップを作成する機能はないので、後述する「Google XML Sitemaps」との併用を推奨しています。

その②:Useful Blocks

Useful Blocks
Useful Blocks

2つ目のプラグインは「了」さんと「ぽんひろ」さんが開発したもので、オシャレかつ便利なブロックを集めたプラグインです。

ぽんひろさんはブログカスタマイズで有名な方で、SWELLのデザインをよりかわいいものにしてくれます。

SWELL
プラグイン
  • おすすめテーマ
  • おすすめプラグイン

上記のような比較ボックスを1クリックで使用可能になりますよ!

※ただし、有料版を購入しないと色を自由に設定できないので、注意ですね。まぁ、デフォルトでも十分可愛いですが。

りょう

シンプルなSWELLにアクセントが付くので、導入して損はありません。

その③:WP Revisions Control

WP Revisions Control
WP Revisions Control

3つ目はリビジョンデータを簡単に制限できるプラグイン。

リビジョンとは、記事更新時の投稿前のデータを保存しておく機能です。

放っておくと無限に増えていくため、サイトが重くなる原因になります。

りょう

理由が無い限り入れておきましょう!

その④:Google XML Sitemaps

Google XML Sitemaps
Google XML Sitemaps

XWPサイトマップ生成のプラグインです。

先程紹介した「SEO SIMPLE PACK」と併用して使うのがおすすめ。

サイトマップとは?
文字通り「サイト内にどういったページが存在するのか?」といった検索ユーザー・クローラーに対してサイト構造をわかりやすく伝えるためのもの。

りょう

サイトマップがある事で、読者が読みたい記事を見つけやすくなります!

その⑤:Contact Form by WPForms

Contact Form by WPForms
Contact Form by WPForms

こちらは、お問い合わせフォームを生成できるプラグインです。

ブログ初心者でも超簡単に設置する事ができるので、かなり重宝されています。

他にも「Contact Form 7」というプラグインがありますが、ぶっちゃけ使いやすい方で良いかなって感じです。

りょう

どちらも機能はほとんど変わりませんよ!

その⑥:All In One WP Security & Firewall

All In One WP Security & Firewall
All In One WP Security & Firewall

最後がセキュリティ対策として信頼の高いプラグインです。

SWELLの開発者了さんも、「とりあえず入れとけばOK!」という事で推奨しています。

りょう

セキュリティ対策は、サイトを守る為にも必須なので、必ず導入しておきましょう!

以上の6つがSWELLにおすすめのプラグインになります。

次に、SWELLと相性の悪いプラグインを紹介していきます。

SWELLと相性の悪いプラグイン

SWELLと相性の悪いプラグイン
SWELLと相性の悪いプラグイン

SWELLと相性の悪いプラグインは以下の3つ

  1. Classic Editor
  2. AddQuicktag
  3. TinyMCE Advanced
りょう

機能が正常に働かなかったり、他のプラグインに影響を与えたりするので導入はおすすめしませんよ。

それぞれ見ていきます。

その①:Classic Editor

Classic Editor
Classic Editor

SWELLは「ブロックエディター」に完全対応している為、「クラシックエディター」を使うのはおすすめできません。

今までは「クラシックエディター」が多く推奨されていましたが、2021年末に廃止させるため、不要です。

りょう

特に、これからブログを始め方は「ブロックエディター」で始めることを絶対的におすすめします!

SWELLを導入してもブロックエディターが使えないと悩む人は、このプラグインが原因のことが多いです。

関連:【SWELL】ブロックエディターの使い方【専用ブロック15の紹介】

その②:AddQuicktag

AddQuicktag
AddQuicktag

2つ目はクラシックエディターを使う際に便利だったエディターカスタマイズ系のプラグインです。

これも、ブロックエディターに完全対応しているSWELLには不要な物なので入れなくてOK。

その③:TinyMCE Advanced

TinyMCE Advanced
TinyMCE Advanced

こちらも先ほど同様にクラシックエディター時代に便利な物でしたので、SWELLには不要です。

たまに、「SWELLの機能が使えないです。」と悩む人がいますが、そんな方は不要なプラグインが原因の事が多いみたい、、、。

りょう

他のテーマからSWELLに移行した方は、不要なプラグインが無いかを注意して確認しましょう!

WordPressにプラグインを導入「簡単3ステップ」

Wordpressにプラグインを導入「簡単3ステップ」
WordPressにプラグインを導入「簡単3ステップ」

すでに知っている方が多いとは思いますが、プラグインの導入手順を解説していきます。

画像付きで解説していくので、初心者でも失敗することなく進めていけますよ。

Step1:Wordpress管理画面にアクセス

【プラグイン】>【新規追加】
プラグイン】>【新規追加

まずは、Wordpress管理画面から【プラグイン】>【新規追加】をクリックしましょう。

Step2:プラグインを検索

プラグインを検索
プラグインを検索

赤枠の中に、導入したいプラグインを入力して検索しましょう。

今回は、冒頭で紹介した「WP Revisions Control」で進めていきますね。

Step3:プラグインをインストール

プラグインをインストール
プラグインをインストール

導入したいプラグインを検索したら、【今すぐインストール】をクリックして導入をしていきましょう。

りょう

長くても30秒くらいでダウンロードが終わります!

ダウンロードが完了すれば【有効化】を選択してプラグインの導入は完了です。

プラグインの最適な数は?

プラグインの最適な数は?
プラグインの最適な数は?
悩む人

SWELLにおすすめのプラグインは分かったけど、どれくらいの数導入して良いのかな?

結論、多くても15個くらいまでにしておきましょう。

プラグインは多くの機能を追加してくれる為、ドンドン導入してしまう人がいますがそれはNG。

というのも、プラグインを入れすぎてしまうと「セキュリティ」「メンテナンス」「パフォーマンス」の面でデメリットが多く発生してしまう為です。

今回紹介した数は6つなので、全て入れても全く問題ありません。

りょう

あとは自分のサイトに必要なプラグインを見つけて導入してみて下さいね!

SWELLのサイトスピードを高速化させる設定

SWELLのサイトスピードを高速化させる設定
SWELLのサイトスピードを高速化させる設定

SWELLはサイトスピードが速い事で有名な有料テーマですが、プラグインによって低速になってしまう事もあります。

その際に、SWELLの設定を軽くいじるだけでグンッと向上するのでぜひ試してみて下さい。

PageSpeed Insightsでサイトスピードが測れるので、まずは今のスピードを見ておきましょう。

もし80より低ければ、以下の記事で高速化設定について解説しているので、参考にしてみて下さいね。

当サイトのサイトスピード

当サイトのサイトスピード

サイトスピードが低いと読者の離脱率が上がってしまう為、遅くても80以上は確保しておきましょうね。

りょう

僕も初めは60くらいでしたが、何とかここまで上げることが出来ました!

まとめ:SWELLと相性の良いプラグイン6つ

SWELLと相性の良いプラグイン6つ
SWELLと相性の良いプラグイン6つ

今回はSWELLにおすすめなプラグインを紹介しました。

振り返ると、、、。

導入はサクッとできるので、まだ何もインストールしていない方は、ぜひ導入してみて下さいね!

りょう

それでは今回は以上になります。
ありがとうございました!

≫関連:【SWELL】5分でピックアップバナーを作成・表示させる設定方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる