【新生活】家電(家具)の購入前に測っておきたい5箇所※重要です

みか

同棲する部屋を決めたら、家具や家電を用意しないとだね!
失敗しない為に注意する事はあるかな?

りょう

一番注意が必要なのが、購入した家具や家電が部屋に入らない事だよ!
事前に各部分を計っておこうね(^▽^)/

本記事の内容

  • 事前に測っておくべき箇所
  • その他の確認箇所

この記事では、部屋が決まった人へ向けて事前に測っておくべき箇所を紹介しています。

部屋が決まる前に購入してしまうと、後で後悔することになるので注意してください。

住む部屋が決まってない人は、以下の記事で二人暮らしにおすすめの間取りを紹介しているので参考にしてみてくださいね。

関連記事:二人暮らしに最適は何LDK?現役設計士が教える選ぶ際のポイント3つ

それでは早速見ていきましょう!

目次

家電(家具)購入前に測っておくべき箇所

住む部屋が決まったら、以下の箇所を測っておきましょう。

購入前にに測っておくべき箇所
  • 各入口の有効寸法
  • 冷蔵庫置き場
  • 洗濯機置き場
  • ガスコンロ置き場
  • 各部屋の窓サイズ

ひとまず上記の箇所を測っておけば、家電・家具を購入するときに失敗しなくなります。

それぞれ理由を解説していくと、、、。

各入口の有効寸法

みか

有効寸法って何?

りょう

有効寸法は、わかりやすく言うと物が通れる最小のの寸法だよ~

扉の寸法を測るときにやってしまいがちなのが、扉自体のサイズを測る事。

しかし、物が通れる幅は「有効寸法」といって、物が通れる最小の寸法です。

必ず画像のように、扉の内内で測りましょう。

意外と忘れてしまいがちなのが玄関の寸法です。

ココが一番重要なので、忘れないように!

冷蔵庫置き場

次に冷蔵庫置き場を測りましょう。

みか

私達の住む部屋は、冷蔵庫を置く場所が決まっていたね!

りょう

そうだね!
冷蔵庫用に壁が少しくぼんでいたから、サイズを間違えると入らなくなっちゃうんだ(笑)

基本的に、冷蔵庫は置き場所が決まっています。

間取りを決める時点で、位置の確認はしておいた方が良いかもです。

位置によってですが、冷蔵庫の開く向きも重要になってきます。

右開き、左開き。

使いづらい方向のものを買ってしまうと、かなり公開するので気を付けましょう。

注意ですが、冷蔵庫置き場に余裕があっても、入り口が狭ければ入らないので注意してくださいね!

洗濯機置き場

続いて洗濯機置き場のサイズを測りましょう。

洗面室に洗濯機置き場が設置されていると思います。

その置き場のサイズを内内で測ればOKです。

みか

ちなみに私達が購入予定している洗濯機は7リットルのサイズだよ!

りょう

そのくらいのサイズなら、2日に1回ペースでも問題ないね~。

洗濯機を購入する際は、サイズは勿論、容量も確認した方が失敗はありません!

ガスコンロ置き場

次にガスコンロ置き場です。

初めから備わっている物件であれば必要ありません。

みか

選ぶ段階のチェック項目にコンロの有無を入れても良いかもね!

りょう

そうだね、コンロだけで2万円くらいしちゃうからね、、、。

ガスコンロ置き場の横幅、奥行忘れずに測りましょう。

コンロの有無は事前にチェックしておこう

各部屋の窓サイズ

最後に窓サイズで、カーテンを購入する際に必要になる寸法です。

カーテンレールの付いていない窓は、曇りガラスになっています。

みか

どうしてもカーテン付けたい場合はどうすれば良いかな?

りょう

その時は、市販の突っ張り棒タイプのロールカーテンを購入して、設置すればOK!

その他の確認箇所

寸法は先ほど紹介した箇所を確認すればOKですが、それと同時に以下の項目をチェックしておく事をお勧めします。

  • コンセント位置
  • 照明位置・数
  • キッチン後方の広さ

上記の箇所を確認しておく事で、「事前にレイアウトを考えられる」メリットがあります。

みか

住むようになってから家具や家電の置き場所を考えると、まとまりが無くなってしまいそうだもんね、、、。

りょう

せっかくの新しい住処がごちゃごちゃになったらモチベも下がるし、事前に考えておく事は必須だね!

ちなみに僕らは、無料のCADソフトJwwを使って以下のように図面に寸法やメモを書き足しています。

自分達が分かりやすい表記の方法で、メモを取っておきましょう。

まとめ:事前に用意できることはしてしまおう

二人暮らしが楽しみで、家具や家電を部屋が決まる前に購入してしまうのは危険です。

失敗しない為にも購入前に寸法は測っておきましょう。

よりはじめての二人暮しを楽しくする事ができますよ!

りょう/みか

今回は以上になります。最後まで読んでくれてありがとうございました!

二人暮らしを期に情報発信をしていきたい人へ

二人暮らしを期に情報発信をしていきたい人は、ブログ運営がおすすめです。

YouTubeよりも安価に始められ、作業時間がとりやすいメリットがあります。

始めるのも超簡単なので、以下の記事を参考にぜひスタートしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる