このサイトのテーマ「SWELL」を見てみる>>

【超簡単】Rank Trackerのキーワード選定|画像つきで解説

悩む人

『Rank Tracker』でキーワード選定する方法が知りたいです!プランは何でも平気ですか?

こんな悩みを解決します。

この記事の信頼性

この記事を書いている筆者は、ブログ歴1年以上でこのサイトを開設して1ヶ月で収益4桁を達成しています。Twitterのフォロワーも現在600人以上で、かなりの好調子でブログ運営を楽しんでいる副業ブロガーです。

この記事の内容
  • 『Rank Tracker』でキーワードを選定するメリット
  • プランは『プロフェッショナル版』でOKです
  • 『Rank Tracker』でキーワード選定する手順

順位を計測するツールとして有名な『Rank Tracker』ですが、キーワードを選定するツールとしても有能です。

Googleキーワードプランナーが有名ですが、登録がめんどうなのと、課金する必要があるので、正直びみょう…。

『Rank Tracker』を導入しているのであれば、Googleキーワードプランナーより細かい部分を調べることが可能です。

というわけで、この記事では『Rank Tracker』を使ったキーワード選定について解説します。

りょう

今までキーワード選定で悩んでいた人は、圧倒的に作業が楽になりますよ!

まだ『Rank Tracker』を導入してない方は【SEO必須ツール】Rank Truckerの特徴や料金プランを徹底解説で導入手順を解説してます。

それでは早速、本文へ進みましょう!

目次

『Rank Tracker』でキーワードを選定するメリット

『Rank Tracker』でキーワードを選定するメリット
『Rank Tracker』でキーワードを選定するメリット
Rank Trackerでキーワード選定をするメリット
  1. 検索ボリュームが具体的にわかる
  2. キーワードの検索が超簡単
  3. 関連キーワードも見つけられる

上記がメリットになります。

それぞれ順に見ていきましょう(*^^*)

その1:検索ボリュームが具体的にわかる

Rank Trackerでキーワードを検索すると、検索ボリュームや流入数など、選定に必要な数値が具体的に表示されます。

RankTrackerのキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーでは、流入数などの細かいデータを見るには課金が必要になるので、Rank Trackerのほうがお得です。

『Googleキーワードプランナー』と『Rank Tracker』どっちも使う!って方はいないと思いますが…。

りょう

導入にもかなり手こずるので、Rank Trackerだけで十分ですよ(・∀・)

その2:キーワードの検索が超簡単

Rank Trackerでキーワード選定をする場合、検索方法がめちゃめちゃ簡単です。

りょう

機会音痴のぼくでもサクッと検索できちゃいました(笑)

RankTrackerでキーワード選定

上記のように、検索欄にキーワードを入力すればOK(*^^*)

具体的な手順は、記事の後半でわかりやすく解説しますが、めんどうな選定を簡単にできるのはとても便利です。

この理由だけでもRank Trackerを導入して良かったなと思います。

その3:関連キーワードも見つけられる

RankTrackerでは、検索したキーワードに関連するキーワードも検索することが出来ます。

RankTracker関連キーワード

関連キーワードを検索すると、上記のようにズラッと表示されるのですが、スゴイ便利ですよね(^o^)

りょう

ぼくが『集客記事』を書く際に重宝している機能です!

今までは、「このキーワードを書いたから関連したのだとこんなかんじ?」みたいにキーワードを探り探りだったのですが、即解決しました。

Rank Trackerでキーワード選定する際は、かならず使ってみてほしい機能です。

それでは、実際にキーワード選定手順を解説していきます!

Rank Trackerの導入については【SEO必須ツール】Rank Truckerの特徴や料金プランを徹底解説で解説しています。

Rank Trackerを使ったキーワード選定の手順

Rank Trackerを使ったキーワード選定の手順
Rank Trackerを使ったキーワード選定の手順

それでは早速解説していきますが、手順はとても簡単ですので安心してください。

Rank Trackerのキーワード選定

  • キーワード調査の設定
  • キーワードを入力し、競合性・KEIなどを確認
  • Googleで競合の確認
りょう

それではみていきましょう!

キーワード調査の設定(キーワードプランナーを選択)

まずは、『キーワード調査』➔『キーワードプランナー』をクリックしてください。

次に、右上に表示されているしかくいボタンをクリックして『競合性』『KEI』を追加しましょう。

■『競合性』とは?
キーワードの人気度で、数値が大きいほどライバルが多いです。

■『KEI』とは?
あるキーワードの検索数に対する検索結果の件数の比率を示す指数のことです。数値が大きい方を選びましょう。

りょう

これで設定は完了です!

それでは実際にキーワードを入力してみましょう。

キーワードを入力しデータを確認

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 5EC727D7-E116-4434-A149-DF0E56FD2CF4-1024x532.jpg

上記の欄にキーワードを入力して『検索』をクリックします。

少し時間が経つと、複数のキーワードとそれぞれのデータが表示されるはずです。

注意して見てもらいたいのが、『競合性』『KEI』の2つです。

りょう

『競合性』は低いものを、『KEI』は高いものを選ぶと良いですよ!

上位を狙えそうなキーワードが見つかったら、実際にググってみましょう。

Googleで競合の確認

先程みつけたキーワードをGoogleで実際に検索してみてください。

ここで、画面上部に表示される『検索ボリューム』と『上位表示されているサイト』のチェックを行います。

ぶっちゃけ、大手企業が上位を独占しているキーワードでは、勝てる見込みは薄いので別のキーワードを狙いましょう。

りょう

大手企業は、お金を使って上位表示しているので、個人で勝つのはほぼ無理です(笑)

実際に検索してみて、勝てそうなキーワードであれば記事の作成に進んでください!

質を上げる記事の書き方については【稼げる】アフィリエイト記事の書き方STEP5(テンプレート配布)を参考にどうぞ。

まとめ:Rank Trackerでは効率的にキーワード選定ができる

まとめ:Rank Trackerでは効率的にキーワード選定ができる

今回は、Rank Trackerを使ったキーワード選定方法を解説しました。

記事の内容を読んだ方はわかると思いますが、マジで有能です…(笑)

正直、Googleキーワードプランナーを導入するならRankTrackerを導入したほうがお得ですよね。

りょう

キーワードの選定から順位の測定が出来るのは、本当に便利なので、買ってよかったと改めて思います。

というわけで、RankTrackerを使って、よりよいブログライフを送ってください。

それでは以上になります。

Rank Trackerの導入については【SEO必須ツール】Rank Truckerの特徴や料金プランを徹底解説で解説しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる