ブログタイトルはリライトすべき?|クリック率を上げる4つの手順


悩む人「リライトは記事の内容だけでなく、タイトルも必要でしょうか?タイトルの良否はどうやって判断すればいいですか?」

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • タイトルをリライトすべき理由
  • タイトルのりライト方法
  • リライトを行うタイミング

この記事を書いてるぼくは、これまで200記事くらい執筆してきました。何度もタイトルをリライトしてますので、信頼性は高いと思います。

前置きメッセージ

「タイトルってリライトしても良いのかな…?」
このように悩んでいる方いますよね。

実は、タイトルはCTR(クリック率)を左右する大切な部分ですので、リライトは必須です。

この記事を読むことによって、効果的なタイトルのりライト方法を知ることができます。

当ブログもタイトルを変更したことによって、CTRを上げていますので、ぜひこの記事を参考にして、リライト作業を行ってみてくださいね。

それでは早速読んでいきましょう!
※この記事は3分くらいで読み終わります。

ちなみに、ブログタイトルの付け方については下記の記事でご紹介してますので、チェックしてみてください。
≫今日からできる!ブログタイトルの決め方7つ【具体例あり】

目次

タイトルをリライトすべき理由2つ

タイトルをリライトすべき理由2つ
タイトルをリライトすべき理由つ

つぎの通りです。

  • その①:SEO順位を上げるため
  • その②:CTRを上げるため

その①:SEO順位を上げるため

1つ目は、SEO順位を上げるためです。

記事の内容をリライトするのが一般的ですが、実はブログタイトルもリライト対象になります。

例えば、「記事の内容はいい感じなのに、順位が中々上がらないな…。」と悩んでいる時は、タイトルがその原因かも知れません。

SEO順位を上げるために、記事の内容だけではなくタイトルもリライトを行いましょう。

その②:CTRを上げるため

2つ目は、CTRを上げるためです。
CTRとは「Click Through Rate」の略で、日本語では「クリック率」となります。

ブログタイトルは、検索ユーザーの目に1番初めに入るものですので、どんなに内容を凝っていても、タイトルがお座なりだと読んでもらえません。

実際に、読者の導線を調査したデータがありましたのでご覧ください。

読者はタイトルで記事を判断する

ブログのCTRの改善方法
選択肢回答者数比率(%
タイトルで判断する56856.74%
詳細文で判断する33633.57%
一番上をクリックする979.69%

タイトルは、記事を読んでもらうために最適なものをつけましょう。(そのためには、色々分析してリライトを行う必要があります!)

タイトルのりライト方法

タイトルのりライト方法
タイトルのりライト方法

それでは、ブログタイトルのりライト方法をご紹介します。

  • その①:タイトルのクリック率を確認
  • その②:平均クリック率と比較する
  • その③:SEO上位タイトルを参考にする
  • その④:最適なタイトルを導き出す

その①:タイトルのクリック率を確認

まずは、リライトする記事のタイトルを分析して、クリック率を確認しましょう。

クリック率の確認は「Googleサーチコンソール」を使います。

1.リライトする記事とキーワードを決める

今回は例として、下記の記事を利用しますね。

2.サチコの「検索パフォーマンス」を開く

サーチコンソール管理画面から、「検索パフォーマンス」を選択しましょう。

3.「+新規」から「ページ」をクリック

+新規」から「ページ」をクリックします。

4.リライトする記事のURLを適用

リライト目的の記事のURLを入力し、右下の「適用」をクリックします。

5.「CTR」と「掲載順位」を確認する

上記のチャートでは、複数のキーワードの平均ですので狙っているキーワードのCTRをチェックするには、下記の一覧を見ます。

今回の記事ですと「CTR:0%」「掲載順位:4.5位」となっていますね。

記事のCTRはわかったら、次は平均CTRと比較します。

その②:平均クリック率と比較する

上記は、順位ごとの平均CTRを調査したグラフです。

リライト記事のCTRと比較して、平均値より下回っていた場合は「リライトの余地あり」と判断できます。

今回の場合ですと…。

  • 自分の記事:4.5位|0%(CTR)
  • 平均値:4位|4.66%(CTR)

この様になりますので、まだまだリライトが必要ですね(笑)

平均値より上回っていた場合は、記事の内容をリライトしてSEO順位を上げていきましょう。

その③:SEO上位タイトルを参考にする

リライトが必要だと判断できたら、クリックされるタイトルを分析しましょう。

手順は簡単で、下記のようになります。

  • ①:SEO上位のタイトルをみる
  • ②:上位タイトルの共有点を探す

①:SEO上位のタイトルをみる

どんなタイトルが正解なのか…。
答えは、上位表示されているタイトルです。

なので、まずは競合のタイトルを分析してみましょう。

②:上位タイトルの共有点を探す

今回の例ですと、下記の共通点が見つかりました。

  • 「初心者」「中古ドメイン」が含まれている
  • 「初心者こそ」が1位と3位に含まれている

基本的に、上位表示されている記事のタイトルには、どこか共通点があるはずです。

つまり、その共通点を見つけることができれば、効果的なリライトを行うことができますね。

その④:最適なタイトルを導き出す

最後に、最適なタイトルを導き出しましょう。

競合の分析をして、共通点を自分のタイトルに組み込めばリライト完了です。※SEO上位記事のタイトルを丸パクリするのはNGです。

例えば、今回例に使った記事は下記のようにリライトしました。

リライト後のタイトル

リライト成功の判断基準は、②で解説して「平均クリック率」を上回ればOKですね。

結果がでるのに数ヶ月かかる時もありますので、気長に待ちましょう(・∀・)

タイトルのリライトを行うタイミング

リライトを行うタイミング
タイトルのリライトを行うタイミング

結論、Googleにインデックスされてから1ヶ月後くらいです。

理由は、インデックスされた直後だとCTR(クリック率)のデータが取れていないから。

例にあげたGoogleサーチコンソールのデータも、期間を28日間で表示していました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: F2DD933C-960F-4492-BC7B-9C7997DF73BB-1024x531.jpg

内容のりライトは、インデックスされて順位変動が落ち着いたらでOKですが、タイトルは様子見をしてからリライトを行いましょう。

Googleにインデックスされない記事は内容に問題有り

Googleにインデックスされない記事は、内容に問題があります。

そのため、タイトルのリライトを行っても意味が有りませんので、そこは注意しましょう。

記事の順位を測定するためには、順位計測ツールを使用します。

当ブログでは、「Rank trucker」を使っていまして、ブログで稼ぎたい人は導入必須ですね。(トップブロガーも使っています。)

簡単にRanktruckerの詳細をご紹介しておきます。
興味ある方はチェックしてみてください!

順位計測ツール「Rank trucker」の詳細

Rank truckerは、記事の順位を測定するためのツールで、下記のメリットがあります。

  • ①:改善すべき記事がわかる
  • ②:リライトの良し悪しを判断できる
  • ③:記事の健康状態を管理できる
  • ④:SEOキーワードの選定ができる
  • ⑤:競合の分析ができる

ブログで稼ぎたいと考えている人は、導入必須のツールでして次のような、有名ブロガーも愛用しています。

https://twitter.com/1276tsuzuki/status/1175674385048322048?s=20

詳しくは下記の記事でご紹介していますので、気になる方はどうぞ。
≫【SEO必須ツール】Rank Truckerの特徴や料金プランを徹底解説

まとめ:最適なタイトルで多くの人に読んでもらおう

まとめ:最適なタイトルで多くの人に読んでもらおう
まとめ:最適なタイトルで多くの人に読んでもらおう

今回は、ブログタイトルのりライトについてご紹介してきました。

簡単に振り返ると…。

  • その①:タイトルのクリック率を確認
  • その②:平均クリック率と比較する
  • その③:SEO上位タイトルを参考にする
  • その④:最適なタイトルを導き出す

こんな感じですね。

「順位が上がったのに、中々読んでもらえないなー。」と悩む人は、①〜④を繰り返して、CTRを上げてください(*^^*)

それでは今回は以上になります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる